<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=211808849452561&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

HubSpotの基本的な使い方から現場ベースのナレッジまで、HubSpotに特化して情報をご提供します。
どんどんコンテンツを追加していきますので、ご期待ください!

  1. Penseesトップ
  2. How to HubSpot
  3. ワークフローや動的リストにおける、ワークフローステータスのそれぞれの意味
Marketing Hub

ワークフローや動的リストにおける、ワークフローステータスのそれぞれの意味

ワークフローや動的リストにて、フィルタとして “ワークフロー” を選ぶと下記のような選択肢が表示されます。

ワークフローの各ステータスのキャプチャ

これ、結構分かりづらいのでそれぞれ解説します。

コンタクトは現在有効です

コンタクトがワークフロー内の処理を進行中の場合のステータスです。一時的にデータ処理をするだけに作った、または一瞬で処理が完了するようなワークフローではこのステータスを捕捉しづらいのですが、遅延を利用しているワークフローだと使いやすいです。
例えば全部で3通ナーチャリングメールを送るワークフローがあり、1通ごとに1週間の遅延をかけているようなケースだと、計3週間ほどは有効ステータスを捕捉できます。

“有効”を捕捉しやすいタイミング

コンタクトが完了しました

コンタクトがそのワークフローを1度でも完了したことがあれば、このステータスに該当します。 “完了” とは、どのような条件分岐であっても、コンタクトがワークフローのアクションの1番下ゴールマークに辿り着いていることを意味します。後述の “コンタクトは目標を達成しました” と似ていますが、目標達成は明示的にワークフローに目標を設定しないと捕捉できません。対して、こちらの完了は意識せずとも自動的に捕捉されます。

2つのうち、どちらのゴールに辿り着いても “完了” となる

コンタクトは登録されました

コンタクトがそのワークフローに登録されたことがあれば、このステータスに該当します。前述の “完了” との違いは、登録状態は当該のワークフローや、他のワークフローの設定画面から任意で登録解除できる点にあります。また、後述の目標を達成しても登録解除されます。

“登録解除と除外” 設定画面のキャプチャ

コンタクトは目標を達成しました

コンタクトがワークフローの目標を達成した場合にこのステータスになります。

ワークフローの目標設定箇所のキャプチャ

MAIL NOTIFY

パンセへのご相談はこちら

HubSpotお役立ち情報 コツや使い方をご紹介します!

POST SEARCH

    RECOMMEND

    CATEGORY